adsense002

アメリカ、現代・起亜自動車に集団訴訟

アメリカ

韓経:「エンジン欠陥で火災の危険大きい」…米国で現代・起亜自動車に集団訴訟

現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車に対する集団訴訟が米国で起こされた。エンジンの欠陥により火災の危険が大きいという理由からだ。ドイツの通信社DPAは現地時間14日、今回の集団訴訟を代理する法律会社ハーゲンスベルマンの話としてこのように報道した。米国の車両オーナーは「現代と起亜はエンジン欠陥を隠していただけでなく、その欠陥が深刻な安全リスクを提起するという点を明らかにしなかった」と主張した。

10月に米非営利消費者団体の自動車安全センターは4カ月間にほぼ1日1件ずつ現代・起亜自動車の車両の非衝突火災報告があったとし、車両290万台に対するリコールが必要だと促した。車種は▽2011~2014年式起亜自動車「ソレント」と「オプティマ」▽現代自動車「ソナタ」と「サンタフェ」▽2010~2015年式起亜自動車「ソウル」だ。

韓経:「エンジン欠陥で火災の危険大きい」…米国で現代・起亜自動車に集団訴訟
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします

だから命に関わるものは作らせちゃあ駄目だって。

1番手を抜いたらいけないところで手を抜くからな。

そういうモノ作りは日本人と真逆の考え方だから。

しかしこれどんだけ売れたのか知らないけど、リコールに滅茶滅茶金かかるのでは?

290万台ってどれぐらいなのかちょっとよくわからないが、リコールするとなると大変そうだ。

これは現代・起亜潰しに動いたってことなのか、それともただ普通にリコール対象になっただけなのか。

韓国車は日本車と比べると人気はないが、低所得層には売れてたらしいからな。

まあ今頃弁護士たちが走り回ってるんだろうけど、アメリカはこういうの厳しいからな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました