adsense002

NHK、ようやくウイグルを取り上げる

“100万人収容” ウイグルで何が起きているのか

かつて中央アジアを横断する「シルクロード」だった中国の新疆ウイグル自治区。2000万人を超える人口のうち、イスラム教を信仰するウイグル族が半数近くを占めています。中国政府は長年、ウイグル族の分離・独立運動への警戒を強めてきました。この地で今、テロ対策を名目に、ウイグルの人たちが次々と中国当局の「収容所」に入れられているというのです。その数は「100万人に上る」という指摘もあります。取材を進めると想像を超えた実態が浮かび上がってきました。(国際部記者 篁 慶一)(引用ここまで)

“100万人収容” ウイグルで何が起きているのか | NHKニュース
かつて「シルクロード」として栄えた中国の新疆ウイグル自治区。今、ウイグルの人たちが次々と収容所に入れられています。

NHKがウイグル問題を扱う時代。

まあもう何もかも遅い。

遅いが、それでも放送されることには意味があると考えなければならないのだろう。

ウイグルもチベットも、エスニッククレンジングがかなり進んでると見た方がよい。

ここ数週間で実態をさらけ出された中国だが、国内ではそれよりもっと酷いことが平気で行われている。

アメリカがようやく重い腰を上げ、やっといろいろなことに日の目が当たるようになった。

ただ、もう遅いんだよなあ・・・

もはや亡くなってしまった人々は蘇らない。

無力を感じるね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました