adsense002

アメリカは尖閣諸島を防衛すべきか

アメリカ

米世論調査、尖閣侵攻で米国は日本を防衛すべきが41% 日本は自衛するしかない

もし中国が尖閣諸島に侵攻した場合、アメリカは軍隊を出動すべきかについて、アメリカ人約1000人を対象とした世論調査が行われ、出動に賛成した人々は、たったの41%に過ぎないことが分かった。米シカゴ・グローバル評議会が11日に結果を発表した。

それによると、回答者の91%は、日米の経済関係は重要だと答え、安全保障については、79%が重要であると見ているという。しかし、実際に中国との戦闘行為に及ぶと、日本はアメリカの力を頼ることなく、独力で守るべきと考える人が多数であることが示された。

日本国民は、アメリカが守ってくれるから安心と考える向きが強いが、アメリカ国民はそうではない。米軍が日本を支援したくても、アメリカ国民が強く反対すれば、米議会は陸海空の派遣に賛同できず、日本は独力で戦うほかない。(引用ここまで)

米世論調査、尖閣侵攻で米国は日本を防衛すべきが41% 日本は自衛するしかない | ザ・リバティWeb/The Liberty Web
Twinsterphoto / Shutterstock.com《本記事のポイント》中国が尖閣諸島を侵攻したら、米軍の出

尖閣諸島を守るには日本が自ら守る勢いがなければ不可能だろう。

だが現時点で41%ものアメリカ人が尖閣を守るために出兵するべきと考えているのはかなり多いのではないか。

馬鹿げた話に聞こえるかも知れないが、アメリカ人は日本がどこにあるのか知らない人も多い。

まして尖閣諸島がどこにあって、中国とどういう領土関係にあるのかなど、知らない人が大多数だろう。

その中でも中国憎しという感情からなのか、日本を守らなきゃという正義感なのか、どちらなのかは知らないが、かなりの数のアメリカ人は日本を守らなきゃと思ってくれているようだ。

これもまた馬鹿な話に聞こえるかも知れないが、アメリカ人の正義感というのはやたらに強い。

ヒーローものを次々映画にして、毎週のように楽しんでるのなんてアメリカか日本ぐらいじゃないのか。

日本にとってはその点でアメリカは力強いパートナーだ。

勿論国際関係がどうなるのかなんて一瞬先は闇だが、少なくとも今現在はアメリカとの同盟関係は強い。

そして少なくとも後10年や20年はこの同盟関係は崩れない。

日本は自立せねばならないし、軍事費はある程度かかるだろうが、俺は日米同盟は信頼できると信じている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました