スポンサーリンク
adsense002

米クレジットカード漏洩は中国の仕業

5億人分の情報流出「原因は中国のサイバー攻撃」米長官

世界最大のホテルチェーン「マリオット」グループのサイトから、最大で5億人分の利用客の情報が流出したおそれがある問題について、アメリカのポンペイオ国務長官は、原因は中国によるサイバー攻撃だという見方を示しました。

マリオット・インターナショナルは先月、傘下の「スターウッド」の予約サイトのデータベースが外部から不正なアクセスを受け、利用客の氏名やクレジットカード番号など最大で5億人分に上る情報が流出したおそれがあると明らかにしました。(引用ここまで)

エラー|NHK NEWS WEB

この記事が真実ならば、もう中国はネットを通じて殆どのアメリカ人の生活を把握していることになる。

勿論日本人も例外ではない。

ただ日本人はアメリカ人ほどカード社会には慣れてはいないというだけだ。

そして、この記事が真実ならば、生活を脅かされたアメリカ人は中国に対し敵意を持つに違いない。

これは「スターウッド」に限ったことではない。

AmazonやAppleなど、クレジットカードで便利に買い物をするアメリカ人にとって、通信の信頼性が崩れてしまうと、非常に面倒なことになる。

アメリカは中国に対し、このような形で「中国は悪い国だ」という印象をつけようとする。

これが日本人に悪い印象を持たれないのは、中国という国がアメリカが印象づけようとしている「悪い国」どころの話ではないことを知っているからだ。

アメリカ人が、今相手している国が中国という世界でもまれに見る人権弾圧国家であることを知るのはこれからだ。

それを見てからアメリカは本気で中国を潰しにかかるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました