adsense002

ルノー、日産にゴーン後継を拒否される

ゴーン前会長の後継、日産が拒否

日産自動車が前代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者と同等の権限を持つ後継者を受け入れるようフランス大手ルノーから要求され、拒否していたことが4日分かった。ゴーン容疑者1人に権限が集中した経営体制を見直すため、日産の社外取締役は同日、後任会長の選定を本格化させた。ルノーが人事面で主導権の維持にこだわれば、意見調整が難航する可能性もある。(引用ここまで)

ゴーン前会長の後継、日産が拒否 ルノーが受け入れを要求 | 共同通信
日産自動車が前代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者と同等の権限を持つ後継者を受け入れるようフランス...

なんかこっちよりフランス本国が大変なため、すっかり扱いが小さくなった日産対ルノー。

なんかルノーも、フランスであんな暴動が起こるまでは、敵に回すとまずいんじゃね?的な印象があったが、今になって良く見てみると、ルノーの方に焦りがあったことがわかる。



こうなってくると日産は、実は強気に出られるのではないか。

ルノーとしては電気自動車の技術が欲しいわけで、それが現状日産しか持ってない以上、今の関係が破綻するのは避けたい。

日産は持ち株を増やすことで対等な立場に立ちたい。

そう考えると日産の方に勝ち目があると思うのだが、どうか。

実際にはフランスで電気自動車が果たして本当に増えるのか、あの暴動で疑問符がついてしまっている。

マクロン一人ではどうにもならんし、さてどうなるかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました