スポンサーリンク
adsense002

高橋洋一氏、大阪万博について太鼓判を押す

誘致決定・大阪万博の「本当の経済効果」についての話をしよう

2025年の万博開催地が大阪に決まったという朗報が、11月24日未明に入った。開催地として立候補していたのは、大阪のほか、アゼルバイジャンのバクーとロシアのエカテリンブルク。フランスのパリが途中で立候補から離脱したのは大阪にとっては好ましく、欧州諸国は日本に好意的だった。

しかし、アゼルバイジャンはオイルマネーにものを言わせたし、ロシアも中国とのタッグでアフリカ諸国を固めて三つ巴の戦いとなっており、予断は許さなかった。最終的に大阪に決まったのは、大阪府と大阪市の歴史上かつてない緊密な連携関係に加えて、国や財界の後押しがあったからこそ。まさにオールジャパンの勝利だったと言っていいだろう。(引用ここまで)

暗黒卿。

高橋先生は維新にアドバイスされてるようなので、日本のオールドメディアの大阪万博についての評論はなかなか腹に据えかねるものがあるのだろう。



高橋先生が言う通り、大阪万博には前向きなインパクトしか感じないし、とうも世間的に後ろ向きな批評については首を傾げざるを得ない。

東京オリンピックと違って万博は黒字に終わることが多い。

東京の方は小池百合子が訳のわからんことをしてメチャメチャになりそうだが、大阪はそんなこともないので比較的安心して見れる。

インバウンドが増えている大阪だけに、ここでますます知名度を上げようとするには良い選択だったと思う。

実際大阪万博にいつまでも反対している連中はどういう万博を期待しているのか。

俺は大阪万博は成功してもらいたいし、また成功すると思うけどなあ。

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました