スポンサーリンク
adsense002

石平さん、『日本国紀』アンチ百田まで取り込む魔力

なんというか、石平さんが『日本国紀』を喜んで読んでくれてるのは嬉しいね。

勿論現在石平さんは立派な日本人だが、今に至る過程は波瀾万丈で、正直面白い。

こんな展開は漫画でもなかなか無いと思わせる。



もともと中国人だったものがいつの間にやらその知能を生かして我が国の保守派の言論人として活動してるわけだから、この人の存在はほんとに大きい。

ケント・ギルバートなどもいるが彼の場合はアメリカ人だからね。

石平さんの著著で何度も「なるほど!」と思ったことがある身としては、『日本国紀』が石平さんに「なるほど」と思わせるものを持っていて欲しいな。

日本はこれだけ素晴らしいんだと思わせる作品なので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました