安倍首相、山口二郎と山川日本史執筆者に責められていた

山川の日本史の採用率の高さは言うまでもないだろう。

ある程度左系の執筆者を避けるのは難しい。

だが政治活動をやっているグループとなれば話は別だ。

山口二郎とつるんでいるとなっては話にならない。



教科書がこういう左系の歴史観にどっぷりつかっていることを我々も知るべきだ。

百田さんの『日本国紀』もこういう層から袋だたきに遭うのだろう。

読者がちゃんと判断する必要がある。

少しずつ右寄りの歴史学者が育つのを待たねばならない。

長い戦いになるがやむを得ないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました