スポンサーリンク
adsense002

百田尚樹さん、『日本国紀』本屋の味方として電子書籍に悩む

時代の流れだろうか。

よくわからないのは、本屋の店員で百田さんの著作を並べたくない人がいるということ。



『韓国に謝ろう』の件は政治が絡みまくるのでちょっと横に置いておくとして、普通に百田さんの本は売れるんだから置いておくだろう。

出版業界が不況で、本屋はどんどん潰れている状況では、個人の好き嫌いなんぞ言ってられないと思うんだが、なんだろうな。

Amazonが好評なのもそういう個人的な売り方に一番離れたところでやってるからなのかなあ。

なんか一部では「うちは私が売りたいと思った本しか売りません」て書店もあるみたいだし、はやってるのかどうか知らないけど、都内ならそういう商売も出来るだろう。

ただ紀伊國屋あたりの大きな書店は苦しいだろうに、何をそんなに無理してるんだか全然わからない。

出版業界の終わりを早めたいのかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました