松本人志さん、アイドル自殺のことで高須院長に擁護される

論破されてない 高須院長、松本人志の自殺についてのとらえかたに賛同

愛媛県のご当地アイドルとして活動していた当時16歳の少女が自殺した騒動を受け、「死んだら負けだ」と持論を訴えたダウンタウンの松本人志さん。

松本さんの主張には賛否の声が上がっていますが、高須クリニックの高須克弥院長も松本さんの主張に賛同しているようです。(引用ここまで)

http://jp.news.gree.net/news/entry/3020265

いろいろ芸能人は発言難しいねえ。


正直松本の発言聞いて、それを別のような取り方なんて出来ると思わなかったがなあ。

今回のアイドルの子にしたって、なにも死を選ばなくても、と思った人が大半だっただろうし、松本のそう思ったからこの発言につながったと思う。

そりゃあいろいろ事情が明らかになれば事務所の社長とか実家のお金の問題とかいろいろあるんだろうが、しかしそれは、どこまで状況が悪化しても、死ぬこととは根本的に違う。

高須院長も同じ考えだろう。

むしろ今は何とか松本の言葉尻を捉えて足を引っ張ろうとしているように思えてならない。

ダウンタウンはもう芸人としては上がりな状態だからか、そういうの多いよね。

あの辺は擁護する勢力もそれなりに多いから問題まではならないけどさ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました