韓国、北朝鮮の空からの偵察を止めてしまう

【社説】米軍の同意がないまま20日後に施行される偵察制限

12日に韓国国会で行われた国政監査で、平壌での南北軍事合意により安全保障体制の空白を懸念する指摘が相次いだ。これに対して韓国軍制服組トップの朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長は「(指摘には)認められない点が多い」と反論したが、これこそ納得しがたい言葉だ。今回の南北軍事合意により軍事境界線から南北10-40キロの範囲が飛行禁止区域に設定され、この区域では空からの偵察ができなくなった。北朝鮮は休戦ライン周辺に100万人以上の兵力を配備し、また北朝鮮が保有する火力のほとんどにあたる1100門以上の長射程砲を設置している。(引用ここまで)

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

別に韓国がどうなってもいいが、アメリカ軍がいいとはいわんだろう。



韓国が北に飲み込まれに行くのはもう今更どうでもいい。

しかしアメリカ軍が取り残されることのないようにしないと、あのあたりで戦争になるぞ。

文大統領は何をどう考えたらこうなるのか分からんが、北と合併しても生活レベルが変わらないと思ってるらしいし。

そりゃあ文在寅のアホさ加減はもう知れ渡っているけどさあ・・・

韓国軍はもう少しリアリストだと思うけど、何も手を出せないのか。

韓国はここ1年で世界的な恥をさらしているが、誰もそれを指摘しないのかねえ。

日本人なら生きていけんよ、恥ずかしくて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました