Amazon

adsense001

adsense002

政治

高橋洋一氏、豊洲市場移転問題について語る

投稿日:

Pocket

“豊洲騒動”とはなんだったのか… 都が間違った判断で回り道、偏った報道も民意を誘導した

11日から豊洲市場がオープンするが、当初の予定から1年11カ月遅れるなど混乱し、環状2号線の整備にも悪影響が出ている。今回の騒動で行政や議会、マスコミ報道に問題点はなかったのか。同様の事態が繰り返される懸念はないのか。

本コラムの読者であれば、筆者はこの問題が騒ぎになった当初から、サンクコスト(埋没費用)論と豊洲、築地両市場の科学的なリスク評価のみで、豊洲移転が合理的な帰着であると書いてきたことをご存じだろう。(引用ここまで)

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181011/soc1810110009-n1.html

暗黒卿。



今度の豊洲の問題は明らかに小池百合子知事の独断癖にあった。

それまでの長い移転問題がようやく解決しようかというところでの移転延期はその後2年間を無駄にすることになる。

ある意味では小池知事という人がどれだけ「空っぽ」な人物かを知らせる良い機会であったし、自民党の負け方もひどかったが、有名人を知事にする危険を改めて示したものでもあった。

実際小池知事は豊洲がらみで訴訟を抱えてるはずだが、払えるだけの財産とか持っているのか?

あと都民ファーストの会は一瞬でも早く解散すべきだろう。

小池知事は次も選挙にでるつもりとどこかで聞いたが、これ以上あの女に振り回される都は正直見たくない。



ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

adsense001

adsense002

Amazon

もしも楽天

A8かりかりマシーン

A8カニ

A8カニ2

A8カニ3

-政治
-

Copyright© 名無しの果て , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.