高橋洋一氏、本庶教授の「ばらまき」発言を評価

本庶教授の「ばらまき」発言は人口減少経済の成長戦略に通じる

今年のノーベル医学生理学賞は、本庶佑・京大特別教授が受賞した。

本庶教授といえば、「オプジーボ」というがんの薬を開発したことで有名である。

人の体が本来、持っている免疫でがん細胞を攻撃させる治療薬であり、このおかげでがんになっても長く生きる人が増えている。

筆者は、この2年、ノーベル賞受賞者が発表される時期に、本コラムでそれに関わる記事を書いている。2017年10月5日付「日本人のノーベル賞受賞は10年後に激減する可能性がある」、2016年10月6日付「ノーベル賞を増やす基礎研究の財源は国債が最適だ」などだ。

日本の自然科学の基礎研究にもっと資金を投入すべきだと、その将来を心配したものだが、このことは自然科学の将来だけにとどまらない話なのだ。(引用ここまで)

本庶教授の「ばらまき」発言は人口減少経済の成長戦略に通じる
ノーベル賞を受賞した本庶佑・京大特別教授が“無駄”の多い基礎研究に資金を使う重要性を強調したが、これは人口減少などが進んでも経済成長が維持されれば年金や財政の破綻が回避できること示唆する。

暗黒卿。


本庶教授の言葉はかなり気に入ったようだね。

我が意を得たりといった感じなんだろう。

ばらまき発言についてその背後にある人口減に対する考えもしっかりしている。

さすがに高橋氏は愛国者なんだなあと思わせる内容。

「選択と集中」というのが嘘であるというのはわかりやすい。

問題は我々がその発言の趣旨をしっかり理解できるかどうかなのだが。

財務省は増税ばかりなんだよな・・・

お暇ならこちらも読んでみてね。
推理小説マニアが贈るミステリ100選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました