Amazon

adsense001

adsense002

政治

高橋洋一、日米首脳会談を語る

投稿日:

Pocket

日米首脳会談で日本が得た「見た目以上に大きな成果」の中身

米中の狭間で漁夫の利を得る可能性
やっぱりマスコミが見誤っていること
先週の9月26日、日米首脳会談が行われ、「日米物品貿易協定(TAG:Trade Agreement on Goods)」の締結に向けた新たな通商交渉を行うことで合意した。

本コラムの読者であれば、筆者が「日米は二国間自由貿易体制にすればよく、その際TPP(環太平洋パートナーシップ協定)で合意されたことをベースにして協議すればいい」という意見を持っていることをご存じだろう(2017年11月6日の記事を参照いただきたい→https://gendai.ismedia.jp/articles/-/53416)。

この背景として、トランプ大統領は保護主義というより自由貿易主義を志向していること、TPPに反対したのは多国間協議であったからであると指摘してきた。筆者の見解は安倍政権とはまったく関係ないが、米国の関係者は、筆者の見解に興味があったようだ。実際、在日米国大使館の要人からも筆者は意見を聞かれたこともある。(引用ここまで)

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57761

今回は日米首脳会談は日本側から見れば相当うまくいったよね。



もちろん中国が重要課題だったのは間違いない。

それだけでなく安倍首相の立場振る舞い方もよく考えられていた。

当面日米両国の親密ぶりは変わることがないだろう。

それだけに・・・て感じの沖縄だが、とにかく4年間の辛抱と思って頑張るしかないかなあ。

参議院選挙もあるし、衆参両議員選挙の可能性もあちらこちらから聞こえてきた。

いろんな意味で一から出直しかな。

お暇ならこちらも読んでみてね。
推理小説マニアが贈るミステリ100選!



ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

adsense001

adsense002

Amazon

もしも楽天

A8かりかりマシーン

A8カニ

A8カニ2

A8カニ3

-政治
-, , ,

Copyright© 名無しの果て , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.