adsense002

「母の気持ちを政界に」=野田総務相

野田聖子総務相は28日、東京都内で開かれた自民党衆院議員のパーティーで、政界での女性活躍について「母親の気持ちが分かる男性がどれだけ政界にいるか、もう少し冷静に分かっていただきたい」と述べ、女性議員を増やすべきだとの見解を示した。9月7日に告示が迫る党総裁選については言及しなかった。

時事ドットコム

随分前から疑問に思っていたことがある。

この人の「妊娠して子供を産む」ことに対するあまりにも異常な熱意だ。

今となってはよくわかる気がする。

彼女は

「産んだ」という事実が欲しかったのだ。

だからテレビを呼んで出産シーンを撮らせた。

普通それがどんな子供であれ、自分がお腹を痛めて産んだ子供をああやってさらし者にはできないだろう。

かくして野田聖子は「母」というポジションを手に入れた。

でこの発言である。

男の代議士には絶対に成れない「母」というポジション。

多くの女性議員も出産適齢期を過ぎて子供を産むことをあきらめているなか、自分からは「母」というポジションを取り上げることはできない。

女性議員の妊娠・出産についてはもっと産みやすい育てやすいやり方を模索していく必要はあるだろう。

だがこの人はそんなことはおそらく考えてもいないはずだ。

本当かどうかわからないが週に一度しか見舞いに来ていないという噂もある。

生まれてきた命には罪はない。

だがこの人のこの話は正直へどがでる。

野田氏不出馬へ 安倍首相支持の見通し
来週にも不出馬表明へ 総裁選で野田総務相
野田総務相、推薦人集めで苦戦 20人確保「至難の業」

お暇ならこちらも読んでみてね。
推理小説マニアが贈るミステリ100選! 

 

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました