スポンサーリンク
adsense002

石破氏が6年見抜けなかったもの

思えば第一次安倍政権は我々が立ち入ることもできないほどの悲惨な思いを安倍首相に強いたんだと思う。

ベルセルクでいう蝕がよびだせるぐらい。

正直俺なら死んでる。

だけども首相は返ってきた。

蝕を乗り越えて。

あれを乗り越えられれば他のことはどうでもいい。

朝日新聞の攻撃なんて蚊が飛んでいるようなもの。

世界の急激な変化は確実に首相の力になった。

気が付いたら新聞は随分小さなものになっていた。

あと3年、安倍首相にはやり遂げたいことがあるのだろう。

この道をまっすぐ進んでいく。それが首相の思う使命なんだろう。

さっき石破かなんかいうの轢いた気がしたけど、まあいいや。

「6年がたち、なんという差がついたのか」

安倍内閣支持率は44%

首相、総裁選出馬を表明 「あと3年、かじ取り担う」

内閣支持50%、不支持40%…読売世論調査

首相、枝野氏との違いを見せつける

お暇ならこちらも読んでみてね。
推理小説マニアが贈るミステリ100選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました