adsense002

F・トーレス「我が友よ、君との再会は至上の喜びだ!」

「フットボールとはこんなに素晴らしい瞬間を」

日本中のサッカーファンが楽しみにしていた夢の対決が、ついに実現した。水曜夜に行なわれた天皇杯4回戦、サガン鳥栖vsヴィッセル神戸の一戦で、フェルナンド・トーレスアンドレス・イニエスタの豪華スペイン同胞対決が現実のモノとなったのだ。(引用ここまで)

日本のサッカーファンがじりじりして待ちわびていた瞬間がようやく訪れた。

この試合イニエスタとトーレスの日本での初顔合わせが話題の中心だったのだが、一方のイニエスタが本人のスーパースターとは思えぬ努力もあってビッセル神戸に恐るべき速さで溶け込んでいるのに比べて、ゴールゲッターとしての期待の高かったであろうトーレスがいまだノーゴールで苦しんでるのを見せられて、日本のファンは随分心配していたものだ。

ここで決めるのが「神の子」F・トーレスの真骨頂だろう。その前の福田のプレーも素晴らしかったが、さすがに決めるところは決めて見せた。

イニエスタとトーレスでは日本に来る直前までのプレーから期待値が違っていたのは事実だが、同い年のスペインの両雄にして同胞、ますます期待したい。そうすればサガン鳥栖も何とかJ1に残れるのではないか。

 

サッカー
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました