adsense002

自民党総裁選と消費税(森永卓郎)

9月に行われる自民党総裁選は、安倍晋三総理と石破茂元防衛大臣の一騎打ちとなったが、すでに安倍総理の勝利が確実となっている。立候補が噂された岸田文雄政調会長が、安倍総理支持を打ち出すと、勝ち馬に乗ろうと、各派閥が次々に安倍支持を打ち出したからだ。結局、石破支持を打ち出したのは、竹下派の参議院議員だけだった。

なぜ竹下派の参議院議員が、安倍三選後に干されるリスクを冒して、あえて石破支持を打ち出したのか。それは、保守本流としての意地だったのだろう。(引用ここまで)

自民党総裁選と消費税(森永卓郎)
9月に行われる自民党総裁選は、安倍晋三総理と石破茂元防衛大臣の一騎打ちとなったが、すでに安倍総理の勝利が確実となっている。立候補が噂された岸田文雄政調会長が、安倍総理支持を打ち出すと、勝ち馬に乗ろうと、各派閥が次々に安倍支持を打ち出したからだ。結局、石破支持を

竹下派の参議院議員がどんな風に動くのかはさておいて。

最早保守と革新の間に経済面では差など些細な事なのだな、と思う。保守本流とか保守傍流とか、誰も得しないというか、もう誰も気にしていないだろう。

ただリベラルであるというのなら金融緩和というのはよくわかるし、昨日の枝野氏の消費税増税に反対なのも非常に納得できる。彼の本意がどこにあるのかはさておき。

森永氏の論には賛成できないことが多いのだが、その部分については完全に同意する。

しかしリベラルと日本で言われる政党に健全な経済政策を期待するのは現状では無理なのだろうなあ。

 

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました