スポンサーリンク
adsense002

石破氏、討論会を要求「応じないなら、党の信頼揺らぐ」

 自民党総裁選が9月7日告示、20日投開票と決まったことを受け、立候補を表明している石破茂元幹事長は21日、「全ての分野で自分の意見を述べ、議論を戦わせる場を提供することは、党の国民に対する責務だ」と国会内で記者団に述べ、候補者同士の討論会を開くよう改めて求めた。

総裁選は3選を狙う安倍晋三首相と石破氏の一騎打ちの公算が大きくなっている。石破氏は米大統領選を例に「議論から逃げない。それが米国の民主主義を支えている。日本もそうありたい」と述べ、首相との徹底的な討論を求めた。

官邸内には討論会開催に慎重な声もあるが、石破氏は「応じられないなら、国民の(議論を聞く)機会を奪う。党の信頼が揺らぐことを恐れる。来年は統一地方選、参院選もあり、きちんとした討論をしていると見せる責務が党にある」と指摘した。(岩尾真宏)

石破氏、討論会を要求「応じないなら、党の信頼揺らぐ」:朝日新聞デジタル
 自民党総裁選が9月7日告示、20日投開票と決まったことを受け、立候補を表明している石破茂元幹事長は21日、「全ての分野で自分の意見を述べ、議論を戦わせる場を提供することは、党の国民に対する責務だ」と…

安倍首相をどうしても討論の場に引きずり出したい石破氏。なるべく言質を与えたくない安倍氏、といったところ。ただ、石破氏は物凄い自信を持ってるし、オールドメディアは「石破氏完勝!」とか書くのだろうが、実際討論してみて石破氏が安倍首相をやり込めてる場面なんて想像できないんだがなあ。むしろ安倍首相の掌の上で踊らされる石破氏の姿しか浮かんでこない。

もちろん俺の個人的な印象を言わせてもらえば、安倍首相が討論がうまいと思ったことはない。舌足らずだし、考えながら話すんでいちいち語句の間の合間が長く、見ててちょっとイライラすることもよくある。だが安倍首相は確かに日本を背負ってるし、そのために自分は討論してるんだという凄みを感じさせる。

一方石破氏はといえば、言葉は滔々と出てくるし、弁舌はお手の物だという自負があるのだろうが、如何せん内容がない。この人の討論は、自民党が野党時代に国会で質問に立って当時の民主党の首相たちに鋭く迫っているのを見て、自民党の論客と思っていたのだが、良く思い返してみれば確かにあまり内容はなかった。まあ当時の首相が菅直人だったりしたんで、誰でも数十点底上げはしたと思うが(笑。

いずれにせよ一度くらいは論戦があるのだろうし、その時どんな内容が出てくるのか、オールドメディアはそれをどう報じるのか、ちょっと楽しみではある。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました