adsense002

目指せ180!2018年センター英語を解いていこう9

今日は第4問第5段落、この文章の最終段落だね。さてどんな感じかな。

第1文。summarize、passageぐらいかな。

第1文の文構造

上のpassageでsummarizedされた発見は説明している
色がどのそうにドイツのお客さんに影響しているかを

ここも解説いきましょう。

summarizedとexplained、動詞らしいのが2つありますね。

文中にS+Vは一つだけ

ですから、どちらかは動詞ではなく過去分詞です。explainedはそのあとhow節につながりますが、summarizedには目的語がありません。つまりsummarizedは過去分詞ということになります。

第2文。これは簡単。

第2文の文構造

しかしながら
この影響は変化する
国から国へ

第3文。globalize、dueぐらいですね。globalizeはもちろんglobalという形容詞の動詞形ですから、「世界の」に近い意味ですね。

第3文の文構造

このglobalisedな世界では
より簡単になっている
商品を国際的に売ることが
部分的にはインターネットの増加した使用

dueはdue toの形で「~によって」「~のせいで」という意味です。ここでは知らなくても余り重要ではないですね。

第4文。thereforeぐらいですがこれも無視してかまいません。

第4文の文構造

Therefore
重要性を考えることが必要だ
世界のほかの場所のお客さんが
製品選びのときの色に置いている

ここでは重要な関係詞の省略が出てきます。

関係代名詞の省略の見抜き方

主文のS+Vはit isです。その次に出てくる動詞はconsiderですが、toがついていますから不定詞です。次にthe importanceとcustomerが続けて出てきます。「重要性」と「お客さん」が2つ続けて出てくることがおかしいと気づいてください。そのまま読んでいくと動詞placeにたどり着きます。

文中にS+Vは一つだけ

ですし、placeは目的語を持っていません。よってthe importanceとcustomersの間にthat(which)が隠れていたのです。先行詞がthe importanceですから、「重要性を考えなければならない、でその重要性は~」という読み方でOKです。

第5文。これはもうわかりますね。

第5文の文構造

このpassageの次の部分では
このトピックを確かめるだろう

簡単だったでしょう?次は問題に移ります。

目指せ180!2018年センター英語を解いていこう⑧
目指せ180!2018年センター英語を解いていこう⑦
目指せ180!2018年センター英語を解いていこう②
目指せ180!2018年センター英語を解いていこう①

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました