adsense002

自民総裁選 石破元幹事長「政策テーマごとの討論が必要」

来月の自民党総裁選挙への立候補を表明した石破元幹事長は、派閥の会合であいさつし、安倍総理大臣との違いを明確にするため、政策テーマごとに討論を行う必要があるという考えを強調しました。

この中で石破元幹事長は、来月の自民党総裁選挙について「自民党の総裁を決めるだけでなく、実質、総理大臣を決める選挙であり、自民党は国民政党であることを忘れず、目先のことでなく、日本や自民党のあるべき姿を共有できる人々とともに全身全霊で戦っていきたい」と述べました。

そのうえで「反対意見も受け止めて、誠心誠意説明することが民主主義の根幹だ。私と安倍総裁のどこが違うか、国民にわかってもらう機会が絶対に必要だ」と述べ、安倍総理大臣との違いを明確にするため、政策テーマごとに討論を行う必要があるという考えを強調しました。

総裁選挙に向けて、石破氏は立候補を表明した記者会見の内容や、みずからの経歴などを掲載した特設サイトを開設していて、支持拡大につなげたい考えです。

石破氏はあのねっとりした口調で安倍首相に勝てるつもりなのか。完全に劣勢に立った今、乾坤一擲の大勝負、といったところなんだろうが、安倍首相はかつてとは違うぞ。

 

 

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました