adsense002

石破茂氏の絶望的な軽さ

アクセスランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

政治ランキング

石破茂氏の書いた「自民党総裁選への決意など」を読んで、これでは当選するはずはないと思った。
石破氏は、わが国は高齢化や一極集中などの危機に直面しているとしたうえで、「自立性と持続可能性を基本に設計図を書き換えなくてはなりません」と国家運営の設計図を書き換える意欲を示している。ここまでは結構だ。
しかし、設計図に相当するだろう『政治・行政の信頼回復100日プラン』は、総裁に当選後、「年内の完成を念頭に早急に策定したい」のだそうだ。
石破氏は総裁選に立候補するまでに、政治・行政と信頼を回復させるために何が必要か考えていないかった。それがどうして当選して100日間でプランを策定できるのだろうか。(引用ここまで)

http://agora-web.jp/archives/2034217.html
石破氏は顔でそういう部分どうにかして誤魔化してるよね。あと話が長い。長くても耳目を引き付けるところがあればいいが、石破氏の場合は単に長いだけ。聞いてる方がくたびれてしまう。麻生大臣のようにいろいろその毒舌で足をすくわれるのを避けて丁寧な言い回しに気をつけているんだろうが、気をつけるあまりのっぺりとした聞き所の薄い演説になってしまう。どんな演説だったとしてもそれを聞いて自分を支持する人支持してくれない人どちらかに分かれてしまうんだから、麻生氏みたいにその場にいる人だけでも巻き込んで自分のファンにしてしまうようなエネルギーのある演説ができないものだろうか。いや、ここまで来てないものねだりなのは分かっているが。
 

アクセスランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

政治ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました