adsense002

百田尚樹氏、連続ツイートで惑う。

一体国会議員はその職務にふさわしい人がなるのか、落ちぶれた人がなるのか、どっちなんだ(笑。 まあでも百田さんは議員には向かないよね。存在自体が危険だから。火曜日はいつも楽しみにして「虎ノ門ニュース」見てるけど、そろそろ一平ちゃんの体がもちそうにない(笑。 百田さんの著作で初めて触れたのは例によって「永遠のゼロ」で、自分は正直戦中の話はあまり好きではなかったのだが、随分読みやすく書かれていて、ちょっと驚いた。それからしばらくして「虎ノ門」を知るわけだが、そこで見た実物の百田さんは・・・という、誰もがたどる道を俺もたどった(笑。 それから「海賊と呼ばれた男」も読んでみたが、個人的にはこちらの方が断然よかったかな。 近々日本史の本が出るそうだが、これは楽しみだ。俺がどれほど「日本史」という教科が嫌いだったか、どれほど「日本史」に苦しめられたかというのを知っている人には意外だろうが、何のことはない、出来事の羅列ではなくエピソードの連なりとしての歴史は面白いのだ。
政治読書
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました