adsense002

1976年のアントニオ猪木

「バーナード嬢曰く」に勧められて読んでしまった。なんというか不思議な感覚。自分はプロレスというものを楽しめてはいるが、どこかで冷めた目で見ているもうひとりの自分がいるわけで、それはかつてタイガーマスクに胸躍らせたりUWFに熱狂したりといった懐かしくほろ苦い時代を経て、四天王プロレスに夢中になったり、桜庭に感動したりしてるうちに、「ここから先行くと俺の(特に心の部分で)弱いところが痛い」と利口ぶったところがかなりがっつり胸壁になっているわけなのだが、この本を読んでる間、少年期から青年期をめぐり壮年期に至る様々なプロレスに関する思いがぐるぐる頭の中で渦を巻いて、なんだかよくわからないが嬉しいような悲しいような、ちょっと変わった読書体験だった。

この本はアントニオ猪木という異常者(良い意味でも悪い意味でも)を扱っており、ゆえにこれほど読ませるのだろうが、当時の関係者は地獄だったろうとおもわせる。長州なり前田なり、そりゃ猪木のもとを去っていくよな。

アクセスランキング 人気ブログランキングへ
読書
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました